ブログ

大分の三姉妹

宿泊してくださった 大分のかわいい三姉妹より、お手紙をいただきました。 (5歳、4歳、2歳の三姉妹です)   また  会いたいな。 はなこ  

MORE

ずっと前のこと、新紫陽に泊まっている男の子に 「どこからきたの?どうして大分に?」 と尋ねました。 「ぼく大分だいすきだもん。だって『すべって転んでおおいたけん』だも~ん」 と言ってお部屋に戻りました。 とってもかわいか […]

MORE

わたしは鹿児島先生が亡くなられて1年くらいして生まれました。 ある日、純子さんは おじぞうさまを描きました。 それが私 “はなこ” なのです。      ↑ (生まれたばかりの私) 田舎っぽい顔、純子さんが描きました。 […]

MORE

天瀬が今までにない大水害で はなこ、こわかったです。 純子さんも 橋が流れるところを見て 相当ショックのようでした。 たくさんの人たちが 天ケ瀬温泉を心配して、お電話やお手紙で 励ましをいただきました。 本当にありがとう […]

MORE

この絵が鹿児島先生最後の作品となりました。   紫陽花の季節、 まず、はじめに あじさいの葉を描き、 あじさいの花の咲くのを待って、 紫陽花を先生は描きあげました。 そして翌年の5月末にお亡くなりになりました。 […]

MORE

鹿児島先生が、 「純子さんは どんな絵かきさんの 描いた絵が 好きなのかな?」と。 「んっ?私はルノアールが好きです」と わからないまま答えてしまった純子さん。 それで ルノアール風に描いてくれた 天ケ瀬の風景。(浮羽と […]

MORE

純子さんが新紫陽のはし袋を どんなデザインにしようか悩んでいました。 「こんなはし袋はどうでしょう?」と手紙をくださったそうです。 それがこの手紙です。 そうして、このはし袋ができました。 純子さん大喜び。 サインまで […]

MORE

お客様の寝しずまったころ、鹿児島先生はロビーのガラスに、紫陽花の絵を描いたそうです。 そして、ガラスのドアにも…。     この絵も純子さんのお気に入り。   夜中に描いたロビーの絵、 さぞ […]

MORE

真夏の暑い盛り、鹿児島先生はお客様の部屋のクロゼットの中に入り、その壁に紫陽花の絵を描いたそうです。     クロゼットの中に描いてもらうの、純子さんの念願だったそう。 それにしても暑かっただろうな。 […]

MORE